14:05 2018年08月15日
ラブロフ外相

ラブロフ外相 東グータで国連グループが銃撃された事実にコメント

© REUTERS / Muhammad Hamed
ロシア
短縮 URL
1171

ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、シリア、東グータ地区ドゥーマ市での銃撃について、国連安全保障グループがこの場所に向かっていることを何者かが武装戦闘員らに伝達したとの見方を示した。

スプートニク日本

「彼らがこの地区にいた瞬間に町の、まだ数十人の急進主義者の残っていた場所から銃撃が開始された。この者たちにはどうやらこの地区に何の目的でだれが入ってくるのかが具体的に警告がなされていたはずだ。」

ラブロフ外相は、国連使節団が滞在した後にこの町に到着した化学兵器禁止機関(OPCW)調査団の作業を邪魔しようとした「大勢のプレーヤー」の仕業だと指摘し、化学兵器禁止機関調査団は武装戦闘員の煽動が原因でスケジュール通りにドゥーマ市を目指すことができなかった事実を思い起こさせた。

ドゥーマ市の状況分析を終えた国連の安全保障グループは18日、銃撃にさらされた。グループに死傷者は出ておらず、全員が首都ダマスカスに無事もどっている。この事件は、化学攻撃が行われたとされる場所を調査しにやってきた化学兵器禁止機関の作業に支障をきたした。

関連ニュース

タグ
化学兵器, 化学兵器禁止機関, 国連, セルゲイ・ラブロフ, シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント