11:31 2018年05月22日
東京+ 23°C
モスクワ+ 7°C
    公園「ザリャジエ」

    モスクワ中心で「氷の洞窟」が口を開いた【写真】

    © 写真: Complex of urban planning policy and construction of the city of Moscow
    ロシア
    短縮 URL
    0 50

    モスクワ中心部にある公園「ザリャジエ」に氷の洞窟が開いた。猛暑日でも洞窟の柱と壁を覆う氷の結晶を鑑賞し、北部の自然の偉大さを感じ取ることができる。指向性照明は点滅し、下部の光は謎めいた雰囲気を作り出す。

    スプートニク日本

    洞窟の基礎には総全長13.7キロメートルに及ぶ数百本の金属製の管がある。管の中を冷却液体が流れ、荘厳な氷の層を作り出すことができた。

    ​洞窟では計70トンほどの水が凍っている。洞窟に15分以上滞在することは難しい。本当の極寒が待っているからだ。「ザリャジエ」パークはパイプ・オルガンを設置するフィルハーモニーホールを開く方針だ。

    • 「氷の洞窟」
      「氷の洞窟」
      © Sputnik / Evgeny Biyatov
    • 「氷の洞窟」
      「氷の洞窟」
      © Sputnik / Evgeny Biyatov
    • 「氷の洞窟」
      「氷の洞窟」
      © Sputnik / Evgeny Biyatov
    • 「氷の洞窟」
      「氷の洞窟」
      © Sputnik / Evgeny Biyatov
    • 「氷の洞窟」
      「氷の洞窟」
      © Sputnik / Evgeny Biyatov
    1 / 5
    © Sputnik / Evgeny Biyatov
    「氷の洞窟」

    関連ニュース

    世界の建築コンペMIPIMにモスクワのザリャディエ公園とルジニキ・スタジアムがノミネート

    タグ
    文化, 観光, モスクワ, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント