21:41 2018年08月16日
エマニュエル・マクロン仏大統領は、「ロシアのG8復帰は、ミンスク和平合意の履行後にのみありうる。2014年まで我々はG8の枠組みで活動していた。その後、G7の枠組みに戻すことが決定され、いつからかロシア抜きで活動するようになった」と述べた。

ロシアのG8復帰、ミンスク和平合意がカギに=マクロン氏

© Sputnik / Sergey Guneev
ロシア
短縮 URL
0 210

エマニュエル・マクロン仏大統領は、「ロシアのG8復帰は、ミンスク和平合意の履行後にのみありうる。2014年まで我々はG8の枠組みで活動していた。その後、先進7ヵ国(G7)の枠組みに戻すことが決定され、いつからかロシア抜きで活動するようになった」と述べた。

スプートニク日本

同氏は、この決定はウクライナ情勢から余儀なくされたものであり、ロシアのG8復帰はミンスク和平合意の履行と切り離せないものであるとした。

同氏はまた、「翌年、フランスのビアリッツで開催されるG7サミットは、ロシアを含めて行いたい」と述べ、ウクライナ危機問題解決への期待を表明した。

関連ニュース

トランプ氏、ロシアのG7復帰を希望する諸国について語る

タグ
G7, フランス, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント