15:49 2018年10月22日
最新戦闘爆撃機Su-34(アーカイブ写真)

ロシア最新戦闘爆撃機Su-34が成層圏飛行を遂行 ハバロフスク地方

© Sputnik / Vladimir Astapkovich
ロシア
短縮 URL
0 150

ロシア東軍管区の最新戦闘爆撃機Su-34は成層圏での超音速飛行を遂行した。ロシア東軍管区の報道部が明らかにした。

スプートニク日本

東軍管区によれば、Su-34のパイロットらはこの他にも最高のマニューバ や空中戦闘のドッグファイトを策定した。

成層圏は高度11キロから50キロまでの大気圏の層。超音速は時速1230キロ以上の速さ。地上実験で得られたSu-34の性能では最高時速は1400キロが、また高い高度では時速1900キロが達成された。

関連ニュース

ロシアのスホイ34は世界最高の戦闘爆撃機=マスコミ

韓国、自国製第4.5世代戦闘機試験へ 2022年開始を計画【動画・写真】

タグ
テクノ, 武器・兵器, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント