15:02 2019年05月23日
露連邦保安庁

露連邦保安庁、米国籍の男をモスクワで逮捕 スパイ行為容疑で

© Sputnik / Andrey Stenin
ロシア
短縮 URL
0 171

ロシア連邦保安庁(FSB)の職員らが、米国籍を有するポール・ウィーラン容疑者をモスクワで逮捕し、立件した。ウィーラン被告に対しては、スパイ行為を実行した疑いが持たれている。FSBの広報センターが発表した。

スプートニク日本

発表では、「モスクワで12月28日、ロシア連邦保安庁の職員らによって、米国籍を有するポール・ウィーラン容疑者が、スパイ行為を実行した容疑で逮捕された」と述べられている。

さらに、ウィーラン容疑者が「スパイ行為」の罪で立件されたと付け加えられている。現在、必要な捜査活動が行われている。

関連ニュース

「露女スパイ」ブティナ被告、司法取引に応じる意向 父親が確認

タグ
逮捕, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント