19:02 2019年08月24日
US Air Force shows an RC-135 surveillance aircraft

米国と英国の軍用機がロシア国境近くで偵察を行う

© AFP 2019 / USAF/GREG DAVIS
ロシア
短縮 URL
0 13

米軍と英軍の航空機が13日、ロシアの飛び地カリーニングラード州の国境周辺で共同の偵察飛行を行った。西側の複数の航空情報源によるモニタリングデータから明らかになった。

スプートニク日本

データによると、英国のミルデンホールから飛び立った米空軍の戦略偵察機RC-135Vは、海側からバルト海のロシア沿岸近くまで3時間にわたる飛行した。同時に英空軍のRC-135Wは、バルト海の方向からカリーニングラード州の国境に近づいた。

また、ポーランドの基地から飛び立った米空軍の広域電子攻撃機EC-130Hは、ポーランド側からカリーニングラード州周辺まで飛行を行った。同機は時にロシアの岸まで51-55キロの距離まで近づいた。

ここ数年間でロシア国境周辺における米偵察機の飛行回数が大幅に増えた。特にバルト海、またクリミア沿岸周辺、シリアにあるロシア軍基地、東地中海のロシア海軍の艦船配置海域周辺における偵察飛行の回数が著しく増加した。このような飛行はほぼ毎日2-3回、またはそれ以上確認されている。

関連ニュース

タグ
軍事, 英国, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント