02:26 2019年12月12日
Tu-160

ロシア製爆撃機Tu-160 アフターバーナーで2機のF-35戦闘機を引き離す

© AP Photo /
ロシア
短縮 URL
0 235
でフォローする

日本海での計画飛行中にロシアの可変翼超音速戦略爆撃機Tu-160は、同機に併走する米国の2機の第5世代戦闘機F-35Aライトニング II をアフターバーナーで引き離した。中国のサイト「Sina」が報じた。

11月の初旬、日本海上空を飛行中のロシア製Tu-160は米国製戦闘機をレーダーで確認。2機のF-35Aライトニング IIがロシア機に接近しようとしたが、それはならなかった。

ロシア製爆撃機は重さが110トンと軽量なことから、ロッキード・マーティン社が開発した「稲光II」の呼び名を誇る2機のF-35を引き離した。Tu-160はF-35の10分の1の軽量さ。

Tu-160はその技術的特徴によって追跡を振り切った。同爆撃機は、抗力を最小化するために可変翼を変形させ、アフターバーナーをオンにした。こうしてTu-160は最高時速2200キロ(マッハ1.8)まで加速、一方、F-35の加速リミットは時速1930キロ(マッハ1.6)だった。


1981年に初飛行を行ったTu-160爆撃機は、今日でも世界でもっとも強力な爆撃機の1つとして認められている。その機体の美しさからTu-160爆撃機はロシアのパイロットたちから「白鳥」と称され、またNATO軍では同機を「ブラックジャック」と呼ぶ。

関連記事

タグ
飛行機, 軍事, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント