10:19 2019年12月12日
アルコールを拒否

ロシアがアルコール依存症を克服=メディア

© Depositphotos / Anuskiserrano
ロシア
短縮 URL
0 91
でフォローする

仏紙「Le Monde 」は、ロシアではアルコールの飲酒量が劇的に減少したと強調した。世界保健機関(WHO)の統計を引用し報じた。

WHOのデータによれば、2016年のロシアでのアルコール飲酒量は43%の減少となった。

2017年にはロシア人の飲酒はフランス人より少なくなった。1年間のロシア人1人あたりの飲酒量は約11.1リットルで、フランス人は11.7リットルだった。

同紙によれば、こうした統計は、広く伝わった「ロシア人の大酒飲み」というイメージを覆すものとなったという。

フランス人アナリストらは、ロシアは、アルコール飲料の宣伝禁止や深夜のアルコール販売の禁止といった一連の政策の導入により、こうした大きな成果を達成することに成功したと分析している。

タグ
フランス, WHO, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント