16:53 2021年09月23日
ロシア
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

23日、クリル諸島(北方領土と千島列島)のパラムシル島(幌筵島)にあるエベコ火山が高さ2キロの噴煙柱を上げた。カムチャッカ火山噴火反応グループ「KVERT」が発表した。

パラムシル島のセベロクリリスクの観測者らから入ったデーターでは噴煙柱の高さは約2キロにまで達したため、これを受けてエベコ火山周辺では航空危険度が「オレンジ」レベルに引上げられている。火山灰は火山から北東へ5キロに拡散した。

エベコ山で最大の噴煙高度は2018年8月31日に観測。2017年に形成された新たな火口から、噴煙が6000メートルまで上昇した。

関連ニュース

タグ
火山, クリル諸島, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント