22:28 2021年05月16日
ロシア
短縮 URL
0 30
でフォローする

ロシアの兵器製造企業「カラシニコフ・コンツェルン」は8日、民間の小火器(小型武器)市場に新しい滑腔砲のカービンTG2を導入した。同社が声明で発表している。

同社はプレスリリースで、「このカービンの外観は、AK-104自動小銃、『サイガ』カービンと同様のものである」と述べている。

同社は2020年、民間市場にTR9カービン、TR3、サイガ308などの武器を導入している。

同社によると、この新型カービンは、実用的な射撃競技や狩猟、最大距離300メートルでの射撃訓練にも使用することができる。銃身は341mmで、銃床や光学部品を取り付けるためのブラケットを装備している。

関連記事

タグ
武器・兵器, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント