18:45 2021年04月11日
ロシア
短縮 URL
0 31
でフォローする

17日ロシア外務省は、米国に駐在のアナトリー・アントーノフ大使を協議のためにモスクワに召喚したことを明らかにした。

「米国の新政権は発足後、ほぼ2か月。100日という象徴的な区切りの時期まで間もないこの時期は、バイデン陣営には何ができ、何が不得意かを評価するのにちょうどいい。」ロシア外務省の声明にはこう書かれている。

ロシア外務省は、露米関係は袋小路に入っており、そこからいかにして抜け出すか、方法を見つけることが重要との見方を示している。

「我々は不可逆的な衰退を許したくはない。米国がこれに関係したリスクを認識しているのであれば。」ロシア外務省はこう補足している。

これより前、バイデン米大統領はプーチン氏が2020年の米大統領選挙への干渉の責任をとるはめになるという声明を表していた。

タグ
米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント