02:14 2020年09月22日
ロシア
  • ザギトワ選手
    アップデート: 2020年09月11日 00:53
    2020年09月11日 00:53

    ロシアの政治家 フィギュアスケートの代表からザギトワ選手を外すよう要請

    五輪で3度金メダルを獲得したロシアの国会議員イリーナ・ロドニナ氏がアリーナ・ザギトワ選手の行動を批判し、ロシア代表から同選手を外す検討を行なうよう提案した。スポルト・エクスプレス紙が報じた。

  • ロシアのペスコフ大統領報道官
    アップデート: 2020年09月10日 21:54
    2020年09月10日 21:54

    クリルの帰属に関する答えはロシアの改正憲法の中に探すべき=露大統領府

    ロシアのペスコフ大統領報道官は、南クリル諸島(北方4島)の帰属について、ロシアの改正憲法がこの問いに明確に答えていると指摘した。

  • ロシア直接投資基金、アストラゼネカの臨試一時中断には触れず 新型コロナワクチン
    アップデート: 2020年09月09日 17:44
    2020年09月09日 17:44

    ロシア直接投資基金、アストラゼネカの臨試一時中断には触れず 新型コロナワクチン

    ロシア直接投資基金は、英製薬会社「アストラゼネカ」が新型コロナワクチン臨床試験を一時中断したことについて特にコメントしなかった。同基金はロシア製ワクチン「スプートニクV」製造に投資している。

    ロシアの新型コロナワクチン
  • 露ソユーズ
    アップデート: 2020年09月09日 04:06
    2020年09月09日 04:06

    ISSへの米国人クルー輸送 NASAが露ソユーズ利用を断る

    米国航空宇宙局(NASA)は国際宇宙ステーション(ISS)への自国のクルーの輸送に、2021年の春以降はロシアの宇宙船「ソユーズ」の利用を断った。ロシア宇宙企業「ロスコスモス」の発表した2019年の活動報告書でこれが明らかにされた。

  • 新型コロナ用ワクチン
    アップデート: 2020年09月09日 00:38
    2020年09月09日 00:38

    ロシア直接投資基金の代表 新型コロナワクチン製造大手製薬企業の合同についてコメント

    8日、製薬企業9社の代表者らが歴史的約定書にサインを行なった。この書類では、潜在的なグローバル基準の資料と新型コロナウイルス用ワクチン承認を対象とする手続きでの科学的プロセスで協力関係を維持する一般的義務が示されている。

  • エフレモフ
    アップデート: 2020年09月08日 20:39
    2020年09月08日 20:39

    ロシア社会が注目 交通死亡事故を起こした名俳優に懲役8年の実刑判決

    モスクワの裁判所は8日、6月にモスクワで起きた交通死亡事故に関し、劇場や映画で活躍してきたミハイル・エフレモフ被告に判決を下した。同被告は当時、飲酒運転の末、自身が運転する車両が反対車線を走行する車両に激突する事故を起こしていた。この事故が元でその車両を運転するドライバーは亡くなった。エフレモフ被告には、懲役8年の実刑が宣告された。

  • ロシアの国営原子力公社「ロスアトム」(アーカイブ写真)
    アップデート: 2020年09月08日 13:01
    2020年09月08日 13:01

    ロシア レーザー核融合研究センター創設を計画

    ロシア国営原子力企業「ロスアトム」の科学技術研究部のヴィクトル・イリギソニス部長は、「ロスアトム」がロシアにレーザー核融合の研究センターを創設する計画を明らかにした。

  • ヴァイオリン
    アップデート: 2020年09月08日 07:02
    2020年09月08日 07:02

    ロシアのアパートで名器発見 17世紀のストラディバリウス

    ロシアで、亡くなった叔母のアパートを掃除していた男性が遺品の中から偶然、17世紀にストラディバリウスの製作したヴァイオリンを発見した。ストラディバリウスといえば、世界に20挺ほどしか存在しない希少な名器。このセンセーショナルなニュースをロシアのマスコミがこぞって報じている。

  • 医者
    アップデート: 2020年09月08日 02:03
    2020年09月08日 02:03

    コロナで集中治療室に90日間 ロシア人男性が命を取り留める

    コロナウイルスに感染し、90日間を集中治療室で過ごし、しかもそのうちの76日を腹ばいの状態で人工呼吸器を装着されていたロシア人の中年男性が命を取り留めた。患者が入院しているロシアのヴォロネジ市立第1救急病院がSNS上で明らかにした。

  • アリーナ・ザギトワ
    アップデート: 2020年09月08日 01:59
    2020年09月08日 01:59

    ザギトワがアイスショーの司会役に抜擢

    平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワがTV番組「氷河期」の司会に就任した。番組のプロジェクトを担当する振付師のイリヤ・アヴェルブフ氏が明らかにした。以前、同番組の司会役にはエフゲニア・メドベージェワが抜擢されるという噂がたっていたが、アヴェルブフ氏はこれを否定した。

  • 野党指導者ナワリヌイ氏
    アップデート: 2020年09月07日 22:58
    2020年09月07日 22:58

    昏睡状態のナワリヌイ氏が意識を回復

    神経剤「ノビチョク」による中毒が原因とされる昏睡状態にあったアレクセイ・ナワリヌイ氏が意識を取り戻した。同氏の入院先のベルリンのチャリテ・クリニックが発表した。

    ロシアの野党活動家ナワリヌイ氏の状況
  • 「ノードストリーム2」
    アップデート: 2020年09月07日 21:43
    2020年09月07日 21:43

    メルケル独首相 「ノードストリーム2」に制裁発動の可能性を示す

    ロシア反体制派のアレクセイ・ナワリヌイ氏をめぐる状況についてメルケル独首相は毒殺未遂の可能性を視野に入れている。これによりドイツはガスパイプライン「ノードストリーム2」建設に対するこれまでの姿勢を変え、制裁を発動する可能性がある。ドイツ政府のザイベルト報道官による発表をもとにロイター通信が報じた。

  • アップデート: 2020年09月06日 09:50
    2020年09月06日 09:50

    ロシア国境 1週間で航空機43機の偵察飛行が確認

    ロシア国境付近ではこの1週間で偵察活動を行う航空機43機が確認された。露国防省機関紙「赤い星」がインフォグラフィックで伝えた。

  • ロシア外務省
    アップデート: 2020年09月06日 00:40
    2020年09月06日 00:40

    西側諸国およびNATO機構が神経剤「ノビチョク」を研究=ロシア外務省

    ロシア外務省は、「ノビチョク」系化学物質の製造に関わる北大西洋条約機構(NATO)の専門機構と西側諸国を非難した。この件に関して、アレクセイ・ナワリヌイ氏の健康状態に関する機関の公式コメントで指摘がされた。

  • モスクワ 新型コロナウイルス
    アップデート: 2020年09月05日 18:34
    2020年09月05日 18:34

    ロシアの新型コロナ感染者数 4日連続で増加

    ロシアではこの1日で新型コロナウイルスの新たな感染者が5205人記録された。9月1日に4729人が確認され、この日以降、感染者数は連日増加している。新型コロナウイルス対策本部が発表した。

  • 大型対潜艦「アドミラル・トリビュート」
    アップデート: 2020年09月05日 17:30
    2020年09月05日 17:30

    ロシアとインド ベンガル湾で非接触形式の軍事演習を実施

    ロシア太平洋艦隊とインド海軍の艦船がベンガル湾とアンダマン海で非接触形式での海軍軍事演習「Indra Navy-2020」を実施した。太平洋艦隊東部軍管区の情報・安全保障プレスサービス部ニコライ・バスクレセンスキー代表が公表した。

  • アップデート: 2020年09月05日 13:14
    2020年09月05日 13:14

    ペテルブルクの公共交通機関 エコ計画始動

    サンクトペテルブルク市は公共交通機関で使用される車両として、環境に優しい最新の電気バスやガス自動車を2022年までに導入する計画を発表した。サンクトペテルブルク市の交通課が発表した。

  • スホイ30戦闘機
    アップデート: 2020年09月05日 10:04
    2020年09月05日 10:04

    露戦闘機が米爆撃機にスクランブル発進 黒海上空

    ロシア航空宇宙軍の戦闘機Su-27とSu-30の合わせて8機が米国の戦略爆撃機B-52Hを迎撃するため黒海上空で飛行を行った。ロシア国防管理センターが発表した。

  • 医学誌「ランセット」がロシア開発コロナワクチンの治験結果を掲載
    アップデート: 2020年09月05日 01:53
    2020年09月05日 01:53

    医学誌「ランセット」がロシア開発コロナワクチンの治験結果を掲載

    国際的に権威ある医学誌「 ランセット 」がロシア開発のCovid-19用ワクチンの2フェーズの治験結果を公表した。ガマレヤ国立疫学微生物研究センターでワクチン開発に関わった3人の研究員はスプートニクからの取材に記事に掲載されたデータについて語り、なぜ同誌の掲載が国際学術界にこれほど重要なのかについて明らかにした。

    ロシアの新型コロナワクチン
  • 救急車からゾンビ
    アップデート: 2020年09月04日 20:23
    2020年09月04日 20:23

    救急車からゾンビが!? びっくり動画がネットで公開 ロシア警察は調査を開始

    ロシア南部のロストフ・ナ・ドヌー市では、医師の格好をした男性が1日、公共交通機関の停留所でゾンビを演じて通行人を怖がらせる出来事が発生した。この様子を撮影した動画がネット上に投稿されたのを受け、地元警察は調査を開始した。同市のニュースサイト「161.ru」が伝えた。