03:12 2016年12月09日
東京+ 8°C
モスクワ-5°C
    宗教はセックスやドラッグ、音楽と同じ脳の領域を活性化させる

    宗教はセックスやドラッグ、音楽と同じ脳の領域を活性化させる

    © Flickr/ aNdrzej cH.
    サイエンス
    短縮 URL
    143732

    米国の学者たちが行った研究の結果、宗教が信者の満足感に影響を与えていることが分かった。

    熱狂的と言えるほどに宗教を信仰している人たちは、セックスや音楽、またはギャンブルによって得られるのと同じような喜びを宗教から感じていることが明らかとなった。

    ユタ大学の学者たちは、若いモルモン教の信者19人の脳の活動を研究した。

    満足度は、コンピュータのスキャン技術を用いて判定された。学者たちはMRIを使って、聖典を読んだ後の若い信者の脳の複数の部分の活動を観察した。MRIの数値は、信者たちが、セックスの後や好きな音楽を聴いた後、またはギャンブルをした後と同じような喜びを感じていることを示した。

    学者たちは今回の研究について、宗教が社会に与える影響を説明するのに役立つと述べている。

    それより前に学者がセックスが人間を賢くする6つの理由を明らかにした。

    関連:

    家事の手伝いを拒否する男性は、セックスの頻度が少ない
    ベルギー、ビールをユネスコ遺産に認定することを求める
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • catss4
      モルモン教の名があるので ドキッとしますね
      キリスト意識を破壊するために 多くの宗教が 悪魔サイドによって作られた
      ように思います。
       
    新しいコメントを読む (0)
    主要ニュース