01:38 2019年11月23日
健康

健康でいるためには何をどのくらい食べる必要があるか?

© Flickr/ Michael Stern
テック&サイエンス
短縮 URL
0 21
でフォローする

インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究者たちは、1日に800グラムの果物や野菜を摂取することで、心臓発作、脳卒中、癌および早死にのリスクを減らすことができることを発見した。

スプートニク日本

調査にはさまざまな国の約200万人が参加した。

専門家らは、1日に800グラムずつ野菜と果物を食べていれば、全世界の780万人が早死にを防ぐことができた可能性があることを明らかにした。
また学者らは、どのような果物と野菜が体にいいのかも明らかにした。体に良いのは、リンゴ、梨、柑橘類、緑の葉物野菜、そしてブロッコリー、キャベツ、カリフラワーなどのアブラナ科の野菜だという。

健康関連のニュースはこちら

関連

脳の若返りに効く食べ物が明らかに

免疫機能を高める食べ合わせが明らかに

タグ
健康, 食生活, 食べ物, 食料, 食事
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント