07:14 2020年02月20日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 34
でフォローする

米国人研究者らが皮膚の皺にある白色脂肪組織を褐色脂肪組織に変えてしまうという変わったナノ絆創膏の開発に成功した。この絆創膏はすでに実験を通過している。

スプートニク日本

研究成果は雑誌「ACS Nano」に掲載された。絆創膏にはナノ針がついており、これを通して白色脂肪組織を除去する特殊なホルモンが皮膚に注入される仕組み。腹部に用いられた最初の実験では実験開始後1か月で絆創膏を貼られた箇所の白色脂肪組織は20%減少した。

コロンビア大学の学者らは、ナノ絆創膏は減量用の錠剤とは異なり、副作用がないと指摘している。

これより前、米テキサス大学の研究者らが、患者の体内にあるがん細胞を10秒で発見できる新しい装置を発表した。

タグ
研究, 科学, 健康, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント