12:40 2019年11月13日
iPhone

グーグル社員、iPhoneでユーザーの無許可撮影が可能と警告

© AFP 2019 / Josh Edelson
テック&サイエンス
短縮 URL
0 51
でフォローする

グーグルのエンジニア、フェリックス・クラウズさんによると、iPhoneのカメラはユーザーに無断で撮影が可能だ。

スプートニク日本

ワッツアップやフェイスブックのMessengerも含む、iPhoneアプリにカメラへのアクセス権限を与えると、アプリはフォアグラウンドにある時スパイ行為が可能になる。

つまり、アプリは両面のカメラで隠し撮りすることが可能だという。

クラウズさんは検証動画を撮影し、iPhoneのアプリが密かに写真を取れる上、写真に写った身体のパーツからユーザーの動きや気分の監視が可能だということを示した。

クラウズさんは、これがシステムの特徴でありバグではないと確信している。開発者が悪意を持っている場合、ユーザーを絶え間なく監視することも可能になる。

クラウズさんは対処法をいくつか提案している。第1に、カメラを覆うものを買うこと。また、カメラへのアクセス権限を禁止する他、アップルの純正カメラアプリを用いることも推奨している。

関連ニュース

イスラエル Appleユーザー監視アプリを配信

Appleの新型iPhone X 顔認識Face IDは誰に使はないほうがいいのか?

 

タグ
iPhone, Google, Apple
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント