12:03 2018年09月21日
病院

胃がんや大腸がんなどを防ぐ可能性のある食品を研究者が究明

© Fotolia / Photographee.eu
テック&サイエンス
短縮 URL
0 63

英ウォーリック大学の研究者たちは、いくつかの食品には、オートファジーの過程を正常化させ、消化器系の炎症やガンを含む疾患を抑える可能性があることを発見した。

スプートニク日本

米国科学振興協会(AAAS)が提供するオンラインニュースサービスEurekAlertが明らかにした。

今回の研究では、細胞内機構のオートファジー(細胞による有害要素または損傷要素の吸収、自食とも)が誤った働きによって炎症を起こすことが証明された。消化器疾患のクローン病や大腸がん、胃がんは、この組織炎症によって引き起こされる。

研究の結果、ザクロ、赤ブドウ、梨、キノコ、レンズ豆、大豆、グリーンピースといった食品がオートファジー過程の働きに肯定的な影響を及ぼすことがわかった。つまり、これらの食品が一部の消化器系疾患の治療や予防に役立つ可能性がある。

関連ニュース

米CDC「がん予防にはまず減量を」

ごく普通のスパイスにガン細胞を殺す物質が発見

タグ
医学, ガン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント