13:40 2018年08月16日
マイクロスコープで見た恐竜の卵

西シベリアで恐竜の卵が初めて発見!【写真】

© 写真 : Pavel P. Skutschas et al. / Historical Biology 2017
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30

ロシアの古生物学者らはシベリアのケメロフ州南部で白亜紀初期(1億4500万年前から1億年前)に生息していた小型恐竜の卵2つを発見した。

スプートニク日本

卵の長さは2センチ以下。保存状態が良かったため、厚さが僅か0.3ミリの卵殻の3層全てを調査することができた。卵の大きさと卵殻構造の分析結果より、羽毛恐竜の卵であるとの結論に達した。

恐竜の卵
© 写真 : Pavel P. Skutschas et al. / Historical Biology 2017
恐竜の卵

恐竜の卵を研究することで、繁殖方法や孵化した恐竜の世話の仕方を明らかにすることができる。また、今回の発見と研究によって、恐竜が温血動物だったこともわかった。研究結果はHistorical Biology誌に公開された。

関連ニュース

新種の恐竜が見つかる。 見た目は巨大ハト【写真】

恐竜とマンモスの化石を発掘 ロシア・クラスノヤルスク地方

タグ
研究, びっくり, 発見, 科学, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント