00:39 2018年09月27日
海ヘビ

チュコトカの海岸に巨大な「海ヘビ」が打ち上げられる【写真】

© 写真: Beringia National Park/Maksim Antipin
テック&サイエンス
短縮 URL
141

ロシア北東チュコトカ半島南部の海岸で、人間の背丈の3~4倍ある蛇のような形をしたものが多数見つかった。チュコトカにある国立公園「ベーリンギヤ」が伝えた。

スプートニク日本

学者らによるとこれは巨大な海藻で、通常は米国沿岸に生息している。

ネオシティス・ルエトケアーナ(Nereocystis luetkeana)
ネオシティス・ルエトケアーナ(Nereocystis luetkeana)

「ベーリンギヤ」は、今年いわゆる「海ヘビ」にチュコトカ半島の大勢の住民が気づき、人々はこの巨大な「ヘビ」について多くの疑問を抱き、これまで知られていなかった海洋生物だと考える人たちもいれば、これは突然異変体だと考える人々もいたと発表した。

なお「ベーリンギヤ」は、「『海ヘビ』とコンブ属の海藻の類縁関係に気づいた人は少なかった」と指摘した。

ネオシティス・ルエトケアーナ(Nereocystis luetkeana)は褐藻で、北米太平洋沿岸に沿って分布している。ネオシティスは茎が長く(最長25メートル)、気泡をもつ。なお巨大ではあるが一年草で、生い茂ってボートが先へ進めないこともある。

関連ニュース

最も深海に住む魚の撮影に成功【動画】

米アラスカ沿岸で正体不明生物の死骸一部発見【写真】

タグ
動物, ロシア, 極東
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント