18:12 2018年02月22日
東京+ 3°C
モスクワ-13°C
    海(アーカイブ)

    深海底からの「地鳴り」に科学者が困惑

    © Sputnik/ Ekaterina Chesnokova
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 20

    海底の自由振動が引き起こす異常な音響が海底地震計で観測された。論文は科学誌『Geophysical Research Letters』に掲載された。

    スプートニク日本

    音の周波数は人の可聴域の1万倍以下だった。こうした現象が初めて観測されたのは1998年だが、今に至るまで発生源が明らかでない。専門家は、「地鳴り」が地震の活動度が全くなくても観測されると強調する。

    新たなデータはパリ地球物理研究所(IPGP)のマルタ・ディーン氏が率いる仏独研究チームが入手。チームはインド洋の深さ4540メートルと4260メートルの海底2地点で揺れを研究し、2.9〜4.5MHzの周波数を有する一定の音波を観測した。

    論文にはこの現象を説明するいくつかの仮説が立てられた。それによると「地鳴り」が大気と地殻との間の音響共鳴、または固体表面と海洋の波との相互作用のために発生している可能性がある。

    関連ニュース

    「宇宙人の創造物」のようにも見える7つの場所【写真】

    遠い宇宙からの謎の電波を新たに15件観測

    タグ
    自然, びっくり, 研究, 科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント