18:11 2018年02月22日
東京+ 3°C
モスクワ-13°C
    核実験

    米国の核実験による国内の死者数が推定される

    © Sputnik/
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 101

    米アリゾナ大学の学者キース・マイヤーズ氏は、米国では核実験が原因で1951年から1973年までに39万5000人から69万5000人が死亡したとの推定を発表した。デイリー・メール紙が報じた。

    スプートニク日本

    マイヤーズ氏の調査では、1951年から1962年に米国のネバダ核実験場で実施された地上及び空中で行われた核実験によってだけでも、膨大な範囲が放射線の被害を受けたと指摘されている。

    放射性物質の含有量が最も多かったのは牛乳や乳製品だった。

    マイヤーズ氏は、2016年の時点で核実験に関連した死亡による米国の経済的損失は1兆1700億ドルから2兆6300億ドルだと推定した。

    関連ニュース

    露外務省「米は自国の核兵器を欧州から撤去すべき」

    タグ
    研究, 調査, 核兵器, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント