21:00 2018年09月25日
イーロン・マスク氏

ワシントンの渋滞解消にイーロン・マスク氏の「ザ・ボーリング・カンパニー」がトンネル掘削開始へ【写真】

© REUTERS / Aaron Bernstein
テック&サイエンス
短縮 URL
1 0 0

イーロン・マスク氏所有のトンネル会社「ザ・ボーリング・カンパニー」はワシントン市政府から市内の交通渋滞解消のためのトンネル建設工事の承認を取り付けることの成功した。コンピューター技術ニュースのウェブサイト「ザ・ヴァージ」が報じた。

スプートニク日本

「ザ・ボーリング・カンパニー」代表の話によれば、元駐車場のあった場所にまず、テストとしてトンネル工事を行い、これが成功した場合、将来、トンネルにワシントンとニューヨークを結ぶ超高速交通システム「ハイパーループ」ステーションが登場する可能性がある。

2017年6月、マスク氏は、ワシントン市から「口約束」の形で「ハイパーループ」システムの建設の承諾を取り付けたと話していた。マスク氏の構想では、乗客は特殊な真空管の中を列車に乗って移動し、その車両のスピードは最高時速1200キロにまで達する。「ハイパーループ」システムの初の実験は試験場で2016年からスタートしている。

関連記事

「私たちはロシアに非常に近い」次世代交通手段についてハイパーループCEOにインタビュー

タグ
テクノ, イーロン・マスク, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント