08:28 2018年05月27日
東京+ 18°C
モスクワ+ 13°C
    慢性疲労症候群

    慢性疲労症候群の原因が見つかる

    © Fotolia / ALDECAstudio
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    160

    慢性疲労症候群(CFS)は、ヨウ素不足あるいは甲状腺の問題によって発展する可能性がある。オランダのフローニンゲン大学の学者たちが発表した。

    スプートニク日本

    研究結果は、Frontiers in Endocrinology誌に掲載された。

    近年、長期的な不眠症、疲労、頭痛を訴える患者の数が増えている。医師らはこれをCFSと呼んでいる。

    フローニンゲン大学の学者らは、CFSの症状の多くが、しばしば体内のヨウ素不足が原因の一つである甲状腺ホルモンの慢性的な不足という別の病気の特徴(だるさ、眠気、物忘れ等)と同じであることを発見した。

    学者たちは、通常、甲状腺ホルモンが慢性的に不足している場合に指示されるヨウ素を豊富に含む食品を使った食事療法がCFSの患者に役立つかを調べる予定。

    関連ニュース

    タグ
    健康, 医学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント