13:33 2019年05月26日
スターバックス

コーヒーには発がん性物質が含まれている=カリフォルニア州裁判所

© 写真: Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
2148

米カリフォルニア州の裁判所がコーヒーメーカーに、コーヒーが発がん性物質を含むものだと表示するよう義務付ける判決を下した。The Seattle Timesが報じた。

スプートニク日本

判決によると、スターバックスや他の企業はコーヒーのメリットがその害を上回るもので、焙煎のプロセスで生まれる化学物質が害を及ぼさないと証明できなかった。

これから同州で販売されるコーヒーには、がん疾病のリスクを注意喚起する表示がされるようになる。

関連ニュース

余分な体重に疲れた?学者たちのおすすめは「バターコーヒー」!

コーヒーのカフェイン量 水と熱湯の抽出による違いを化学者が発表

タグ
ガン, 健康, コーヒー, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント