01:26 2018年12月11日
iPhone

アップル、iPhoneを情報機関から守る手段を見つける

© Depositphotos / Jayzynism
テック&サイエンス
短縮 URL
131

アップルは、iPhoneのデータアクセス権取得を困難にする機能を追加する。サイト「TechCrunch」が報じた。

スプートニク日本

iOS 11.4のコードには、USBのアクセス制限モードが見つかった。

この機能は、端末が1週間以上ブロックされていると、USBデータを無効にする。通常、警察や情報機関が容疑者のスマートフォンへのアクセス権入手に失敗すると、専門家が到着するまで端末はブロックされる。

しかし今、USB制限モードにより、長時間のブロック後にユーザーの個人情報を手に入れることはできなくなる。こうした制限は端末の持ち主の邪魔になることはないという。正しいパスワード入力後は全ての機能を使えるようになる。

関連ニュース

Siri開発者、アップルのSiri利用法を批判

アップル、「史上最大の流出」を認める

タグ
テクノ, iPhone, Apple
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント