13:33 2018年07月20日
ヨシフ・スターリン

自滅までのカウントダウン中、スターリンの顔が画面に 新型ウイルスが発見【動画】

© AP Photo /
テック&サイエンス
短縮 URL
0 62

マルウエアの調査を行う「マルウエア・ハンター・チーム」 「スターリン・ロッカー」または「スターリン・スクリナー」という名称の新型ウイルスを発見した。このウイルスはユーザーが正しいコードを入力しない場合、コンピューター・ディスクの中身を抹殺してしまう。ポータル「ブリーピング・コンピューター」が報じている。

スプートニク日本

「スターリン・ロッカー」を使用すると自動的始動メカニズムが作られてしまい、別のプロセスがストップされてしまう。

「スターリン・ロッカー」は感染開始の10分間で正しいコードを入力すれば、除去することができる。この10分の間、画面にはソ連の指導者、ヨシフ・スターリンの顔が浮かび上がり、ソ連の国家が流れる中、ウイルスが作動し、ファイルが消滅するまでの残り時間のカウントダウンが表示される。

正しいコードを入力すれば、ウイルスは感染を広げず、自動に作動するメカニズムも消える。

ウイルスの除去コードを特定する方法については、ウイルスが遂行した日とソ連誕生の1922年12月30日までの差であることが専門家らによって突き止められている。

アクチュアルベースに入っているウイルス対策ソフトのほぼ大半がこのコードを特定することができる。

関連ニュース

日本で5万個のビデオカメラがハッカー攻撃に使われる

アジアでAndroid機を狙うウイルス発見 電話を通じて金銭を盗む

タグ
テクノ, ハッカー, ソビエト連邦, 歴史, ヨシフ・スターリン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント