18:41 2018年09月26日
ブラックホール(アーカイブ)

最も貪欲なブラックホールが見つかる

© 写真: NASA/CXC/M.Weiss
テック&サイエンス
短縮 URL
0 22

オーストラリアの天文学者らがみなみのうお座で、太陽を2日間で飲み込める最も貪欲な超大質量ブラックホール「J2157-3602」を見つけた。

スプートニク日本

各銀河に存在する超大質量ブラックホールは星や惑星を飲み込むが、エディントン限界と呼ばれる飽和状態がある。吸い込んだが吸収できなかった物質をブラックホールは、白熱したプラズマ光線の形で外に吐き出す。結果、ブラックホールは宇宙における鮮やかな光源となる。

オーストラリアの天文学者らはみなみのうお座で、エディントン限界にほぼ近づいた鮮やかな超大質量ブラックホールを見つけた。質量では太陽の200億倍で、輝度では695兆倍。このモンスターが天の川銀河の中心にあれば、私たちの銀河の生命は超強力な放射線によって滅んでいただろう。

みなみのうお座にある超大質量ブラックホールの写真は科学誌『Astronomical Society of Australia』に公開された。

関連ニュース

タグ
研究, 科学, 天文学, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント