08:05 2018年06月24日
正しい食生活や健康的な生活習慣は、悪性腫瘍の発生を予防する。「世界がん研究基金」の専門家集団が、自身の報告書で発表した。

正しい食生活があなたを救う=世界がん研究基金

© Fotolia / Crevis
テック&サイエンス
短縮 URL
0 52

正しい食生活や健康的な生活習慣は、悪性腫瘍の発生を予防する。「世界がん研究基金」の専門家集団が、自身の報告書で発表した。

スプートニク日本

研究者は、肥満が12種の悪性腫瘍の悪化を促すことを明らかにした。研究結果から、肥満は腎臓がん、卵巣がん、前立腺がん、胃がん、口腔・咽喉がん、大腸がん、乳がん、胆嚢がん、肝臓がん、食道がん、膵臓がん、そして子宮頸がん等に関係していることが明らかになった。

報告書では、悪性腫瘍の発生を避けるための方法が複数紹介されている。研究者は、定期的な運動を行うこと、野菜、フルーツ、全粒穀物や豆類を含んだ食生活を心がけることが大切であると述べる。また、油っぽい食べ物やファーストフード、加工食品、肉、砂糖の摂取を制限することも重要であるとしている。

関連ニュース

日本で世界初の尿を用いたがん検査が始まる

コーヒーには発がん性物質が含まれている=カリフォルニア州裁判所

タグ
ガン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント