05:59 2018年10月20日
最も厳しいネット利用者データ保護法、米カリフォルニア州で成立

最も厳しいネット利用者データ保護法、米カリフォルニア州で成立

© Fotolia / Nito
テック&サイエンス
短縮 URL
144

米カリフォルニア州のブラウン知事が29日、インターネット利用者の個人情報保護州法に署名。これは、現在米国にある最も厳しい法律となる。米メディアが報じる。

スプートニク日本

新法に則り利用者は広範な知る権利を得て、インターネット企業が集める個人情報の種類や収集の理由、データをなぜ、そしてどのように利用しているかなどを知ることができる。

さらに企業にデータ削除や第三者や広告企業への販売禁止を求める権利を得る。これに加え、未成年のインターネットユーザーのデータを企業が譲渡や販売することを大きく制限する。

同法は2020年に発効し、それまでにカリフォルニア州で活動ないし同州住人を対象に活動するインターネット企業は同法を遵守する準備を整える必要がある。

米国ではすでに、他の州も消費者の権利保護においてカリフォルニア州の例に倣うよう求める声があがっている。

関連ニュース

フェイスブックのセキュリティ向上を発表 「ロシアの介入」原因

サムスンのスマホが勝手に写真送るとの報告多数

タグ
インターネット, テクノ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント