00:26 2018年10月23日
クルミ

環境の悪さは糖尿病の原因にも、しかしクルミが「解毒剤」に 研究者

© Fotolia / Yuliiaholovchenko
テック&サイエンス
短縮 URL
0 100

ワシントン大学の研究者らが、世界での糖尿病患者数増加が関連しているのは、肥満の蔓延だけではないことを突き止めた。糖尿病の症例の約14%の原因が、環境の悪さであることが明らかになったのだ。この結論は、肥満や体重過多が大きくは広まっていない複数の国の統計に基づいて導き出された。同時に、食事療法専門家らによると、クルミが糖尿病の「解毒剤」として役立つ可能性があるという。

スプートニク日本

糖尿病は、1立方メートル当たり2.4マイクログラム超という、空気中の比較的低い濃度の有害物質のもとでも悪化する可能性がある。もしこの指標が、地域で4~5倍に高まると、そこに居住する人々が糖尿病に苦しむ頻度は、環境の悪さの影響を経験しなかった人と比べて21%多くなることが明らかになったと、専門家らの報告では述べられている。

しかし、食事療法専門家らは、たった一掴みのクルミを毎日消費するだけで、2型糖尿病のリスクをほとんど50%低減させることができると指摘していると、デイリー・メール紙は伝えている。

このことは、成人の米国人3万4千人超を対象にカリフォルニア大学によって実施された研究によって証明されている。クルミの平均消費量は、1日当たりテーブルスプーン1.5杯だった。この1人分の量を2倍にしたことが、糖尿病の拡大が47%抑えられたことと関連があった。クルミはまた、認識機能と心臓の働きに前向きな影響を与えていた。

関連ニュース

タグ
食品, 健康, 食べ物, 研究, 病気, 科学, 環境
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント