05:24 2018年09月19日
火星の詳細な移住計画

火星の詳細な移住計画 スイス研究チームが提言

© 写真: Claudio Leonardi/EPFL
テック&サイエンス
短縮 URL
117

スイス連邦工科大学ローザンヌ校の研究チームは火星を地球化するテラフォーミングの詳細な計画を発表した。ロボットが惑星の北極と南極に、放射線を防ぐ盾で覆った住宅用モジュールを建設する。サイエンス雑誌『Discover』が論文を伝えた。

スプートニク日本

サイエンス雑誌『Discover』によると、集落は火星の北極か南極に設置するのが最適。氷、二酸化炭素、鉄、シリコン、硫黄を最も多く含むためだ。火星への理想的な到着時期は夏極だという。この時期に火星に着陸すれば、太陽のもとで288日を過ごせる。

居住用モジュールはロボットが建設する。居住基地は3つの要素からなっている。主な居住空間となる中央のコア、コアを覆って気圧変化を最小限にする3つのカプセル、そして5メートルの氷で覆われた巨大なポリエチレン繊維のドームだ。ドームは追加の気圧調整に加え、放射線からの盾として機能する。

その後、第一弾の人びとが到着する。それは食料とバッテリーを携えた6人で、火星で6ヶ月を過ごす。

関連ニュース

マスク氏、火星テラフォーミング計画を研究者と内密に協議

火星で地球外生命体に最適な場所が見つかる

タグ
研究, 火星, 科学, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント