09:03 2018年10月23日
世界初の水素燃料電池列車

ドイツ、世界初の水素燃料電池列車の運行を開始

© AFP 2018 / Arne Dedert
テック&サイエンス
短縮 URL
161

ドイツ北西部で、世界初の水素燃料電池で走る列車の運行が開始された。ガーディアン紙が報じた。

スプートニク日本

ガーディアン紙によると、列車は、ニーダーザクセン州のブレーマーフェルデ、クックスハーフェン、ブレーマーハーフェン、ブクステフーデを経由するルートを走行した。

先にテスト運行が行われ、ニーダーザクセン州の経済相兼運輸相のベルント・アルトフスマン氏が視察した。

列車の最高速度は時速140キロで、連続走行距離は約1000キロ。

列車の屋根の上には水素燃料の入ったタンクと、水素エネルギーを動力となる電流に変換する燃料電池が設置されている。

水素燃料電池で走る列車は、大気に有害物質を排出せず、走行中もいたって静かだという。

開発したのは、仏アルストム社。

2021年から、ブクステフーデとクックスハーフェンを結ぶ路線に14車両の水素燃料電池列車が運行される見込み。

関連ニュース

米ニューヨークでヤギが地下鉄の線路内に侵入 路線が一部変更

高速システム「ハイパーループ」建設合意 中国で署名

タグ
おもしろい, 研究, 科学, テクノ, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント