09:06 2018年10月23日
「Bombe」

ナチスの暗号を解読した方法を再現【写真】

CC BY-SA 3.0 / A rebuild of a British Bombe located at Bletchley Park museum
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20

ナチス・ドイツが第2次世界大戦で使った暗号機の解読に用いられた「Bombe」による解読が再現された。イベントは英国立コンピュータ博物館(TNMOC) で行われた。ドイツ軍は「Enigma」(エニグマ)を用いて通信を暗号化していた。

スプートニク日本

エニグマの解読は困難を極め、ナチスに対抗する連合国軍は解読に膨大な労力を費やした。数学者アラン・チューリングが暗号解読機を考案。Bombeが作り上げられた。同機のレプリカはTNMOCに保管されている。

博物館のポール・ケラー氏は「戦時、連合国には約200個のBombeがあった」として、「本物のコードハッキング工場だった」と語った。

第2次世界大戦時のように、研究チームは「カンニング」と呼ばれたヒントや、メッセージ内容の推測から始めた。その後、機械は暗号化規則を見つけるまで可能性のある組み合わせ数百万通りを試す。そうなれば、通信の解読は時間の問題だ。

関連ニュース

人体で新たな器官が見つかる がん転移の仕組みの理解に役立つ可能性

世界的な洪水により大都市は何に変貌するか、米研究チームが発表【動画】

タグ
研究, テクノ, 科学, 歴史, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント