20:06 2018年10月22日
米国防総省(アーカイブ写真)

独仏の学者ら、米国防総省が生物兵器を開発していることを疑う

© AFP 2018 / Paul J. Richards
テック&サイエンス
短縮 URL
171

米軍の遺伝子組み換えウイルスを蔓延させるために昆虫を使用するプログラムは、生物兵器禁止条約に違反する可能性がある。ドイツ及びフランスの大学の学者グループの研究で述べられている。研究は、サイエンス誌に掲載された。

スプートニク日本

研究を行ったのは、進化遺伝学、生命倫理学、および権利に関する専門家の国際的なグループ。

プログラム「Insect Allies(昆虫同盟)」は、米国国防総省に属する国防高等研究計画局(DARPA)で開発されている。公式的な実験課題は、昆虫媒介性ウイルスを生産する植物の染色体の改変。

サイエンス誌によると、学者らは、米国防総省のプログラムが実施された場合に環境に及ぼす恐れのある生物学的、経済的、社会的影響を指摘している。

また学者らは、プロジェクトが米国の農業に実用的な利益をもたらすことができるかどうかに疑問を呈している。

学者らは、生物兵器禁止条約の違反に話が及ぶ可能性があるとの見方を示している。

2016年にスタートしたプログラムには、すでに2700万ドルが費やされている。

タグ
びっくり, 武器・兵器, 科学, 研究, 米国防総省・ペンタゴン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント