18:46 2018年10月22日
頭

インターフェースで3人の脳をつなぎ、意思伝達に成功

© Fotolia / Adimas
テック&サイエンス
短縮 URL
0 51

米研究者らが、2人の脳から発信されたシグナルを他の1人に非侵襲的に伝達するインターフェースシステム「BrainNet」を発表した。科学系サイト「arXiv」のウェブ上で公表された。

スプートニク日本

「arXiv」によると、新しいシステムは、人体への埋め込みなどを必要としない、特殊なデバイスを介して、脳から別の脳へ直接的に思考を伝達する。

2015年の段階ではこの方法での意思疎通が可能だったのは2人の間だったが、今回、米ワシントン大学およびカーネギーメロン大学の研究者らによって、3人の間での意思疎通が可能となった。2人から発信された脳波が非侵襲的インターフェースを介して、磁気によって第三者の後頭皮質へ刺激が伝達されることによって思考が伝わる。この方法では、人間の脳へ何らかの装置を埋め込む必要はない。

テスト研究の際、3人の被験者はテレビゲームのテトリスに似たゲームを行った。2人は画面上の一つのブロックを目で追い、そのブロックを回転させる決定を下し、3人目がその指示にしたがって対応した。テスト研究の経過から専門家らは、被験者グループは意思伝達を正確に行い、成功率は80%を超えるものとなったと強調した。

関連ニュース

学者ら「火星への旅で人間の脳が『縮小』する可能性」

脳活動は季節と直接関係している=研究

タグ
健康, 研究, びっくり, おもしろい, テクノ, 科学, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント