04:56 2018年11月16日
ハリケーン・マイケル

研究者、ハリケーン・マイケルの発生理由でまだ不一致

© AFP 2018 / Hector Retamal
テック&サイエンス
短縮 URL
0 03

米東南部を襲った大型のハリケーン「マイケル」の死者は10人を超える。だが研究者らは、マイケル発生の原因とこれほど強力な理由がまだ分からないと発表した。一方、BBCによると、マイケルがもたらした被害は「すべての爆弾の母」と呼ばれる大規模爆風爆弾兵器「MOAB」の爆発に匹敵する。

スプートニク日本

ニュースサイト「Motherboard」によると、研究者らはマイケル発生の理由でまだ一致していない。正式な確認は科学データの分析結果に左右されるため、マイケルと気候変動を結びつけることはできない。

だがマイケルの特徴は、気候変動によって起こりやすいと言うことはできる。研究者によると、気候変動が海水を温めて、ハリケーンを強める。気候変動はまた、ハリケーンと同時に起きる高潮や沿岸部の洪水を強める。

フロリダ大学のアンドレア・ダットン准教授(地質学)は、気候変動が降雨量を増やし、致命的な淡水の洪水の可能性を高めることを覚えておくことも重要だと指摘した。

関連ニュース

米天気予報士、生放送中にハリケーンから避難【動画】

ハリケーン内部に飛込む方法、研究者が語る 風、温度、湿度、気圧データを簡単に集める最適解

タグ
ハリケーン, 災害, 研究, 科学, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント