13:48 2018年11月18日
テスラ 「ドッグ仕様」

テスラ 「ドッグ仕様」でペットも快適な車内を追求

© 写真: Leo Young/Public domain
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20

テスラ「モデル3」のある所有者の提案を受けたイーロン・マスクCEOは、車内でペットが快適に過ごせる「ドッグモード」の開発が必要だと同意した。ソフトウェアを更新し、2016年に発表されたテスラ3の車内温度が高くなりすぎない機能を付け加えると約束した。

スプートニク日本

テスラ社は、停車中の車内に犬を残しても、犬が息苦しさや高温で苦しむような状況を避ける助けになると指摘した。

これまでは、車内に残された犬が苦しんでいる事に気づいた通行人が、車の窓ガラスを割って助け出し、警察を呼ぶというケースが発生していた。

これからは、テスラ社製の車内に犬を残しても常備エアコンが稼働する。その他にも、車内で音楽が流れ、スクリーンには車内温度と、「車内は快適。もうすぐご主人も戻ってくるよ」といった案内を表示し、通行人に状況を知らせることもできるようにする。

関連ニュース

テスラ車を2秒でハッキング【動画】

イーロン・マスク氏のツィッターが一時ブロック アニメ好きを告白したコメントが災いの元【写真】

タグ
びっくり, おもしろい, テクノ, 動物, Tesla, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント