05:45 2018年11月21日
日本の無人補給船「こうのとり」7号機、8日にISSから分離、大気圏へ再突入

日本の無人補給船「こうのとり」7号機、8日にISSから分離、大気圏へ再突入

© 写真: Roskosmos
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20

日本の無人補給船「こうのとり」7号機が8日、国際宇宙ステーション(ISS)からの分離、大気圏への再突入を実施する。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が1日、発表した。

スプートニク日本

「こうのとり」7号機は9月23日に種子島宇宙センターから打ち上げられ、ISSにドッキングした。同機には、ISSの運用に必要な物資や、小型回収カプセルが搭載された。JAXAによると、カプセルは直径84cm、高さ約66cmの円錐状で、重さは約180kg。内部は魔法瓶のような容器になっており、タイガー魔法瓶株式会社が開発した。カプセルは、大気圏に再突入して地球に帰還できる。JAXAは今回、「⽇本が今まで有していなかったISSからの物資回収技術の技術実証を行う」という。

「こうのとり」7号は11月8日にISSから分離、大気圏に再突入する前にカプセルが切り離され、「こうのとり」7号は大気圏突入後に燃え尽きるが、カプセルはパラシュートで降下し、JAXAが洋上で回収するという。

関連ニュース

「ロスコスモス」、ソユーズ宇宙船打ち上げ失敗の原因を発表

太陽系外惑星を発見してきたケプラー宇宙望遠鏡、任務終了へ

タグ
宇宙, ISS, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント