16:33 2018年12月13日
WIFI

京都が旅行者の数や行動を管理へ センサーがWIFI信号をキャッチ

© Fotolia / Georgejmclittle
テック&サイエンス
短縮 URL
0 16

京都市で、観光スポットを訪れる旅行者数を予測し、その移動の流れを管理する新しいシステムがテストされる。「ザ・ジャパン・タイムス」紙が報じた。

スプートニク日本

「ザ・ジャパン・タイムス」紙によると、この試験的プロジェクトは、観光庁と京都市、市の観光協会により、紅葉散策で有名な嵐山地域で実施される。

WIFIのアクティブランプを追跡するセンサーが集めたデータにもとづき、嵐山の8地域の混雑予想がオンラインで定期的に更新されるという、日本ではじめての試み。

同システムは12月17日まで、竹林で有名な地域を含め、いくつかの観光名所を管理する。

これに先立ち、9月中旬から13地域にスマートフォンのWIFI信号の追跡センサーが設置され、訪問者数と観測地域での滞在時間のデータの収集が行われている。

関連ニュース

アップル、ユーザーの会話を密かに録音しているとの報道を否定

プーチン氏がトランプ氏に贈ったボールには信号送信チップ=ブルームバーグ【写真】

タグ
おもしろい, テクノ, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント