17:07 2018年12月15日
恋人

妊娠中のカフェイン摂取 胎児への影響は?

© Fotolia / Nd3000
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20

コーヒーやお茶に含まれるカフェインが妊娠中の胎児の大きさに影響を及ぼすことがアイルランドの学者らの研究により明らかになった。研究結果はピアレビュージャーナル『The American Journal of Clinical Nutrition』で公開されている。

スプートニク日本

研究は母子941組を対象に実施された。妊娠中の母親の主なカフェインの摂取元は48%がお茶、38%がコーヒーだった。研究者らは、妊娠第1三半期(妊娠0週~13週6日)に、安全とされている1日あたりのカフェイン摂取量を100mgオーバーするごとに、新生児の体重は72g減少すると説明している。このほか、カフェインの過剰摂取が胎児の身長、頭囲、在胎週数に悪影響を及ぼすことが明らかになった。

コーヒー
© Flickr / russelljsmith
研究結果によると、カフェインを過剰摂取した母親から生まれた新生児の体重は、摂取を最小限に控えた母親から生まれた新生児の体重と比較して170gほど軽かった。

研究者らは一方で、安全とされている1日あたりのカフェイン摂取量200mgを下回った場合でも、少しでも摂取すれば、程度の差こそあれ悪影響は避けられないと指摘している。

関連ニュース

勤務中に飲むコーヒーの新発見の効果とは?

結局、コーヒーは何杯なら健康に良いのか?

タグ
健康, コーヒー, アイルランド
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント