04:20 2018年12月14日
病院

医師は見抜いている 患者の話にはしばしば嘘がある

© Fotolia / Narong Jongsirikul
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10

60%から80%の患者は、医師に対し、嘘の申告をしているという調査結果が報告された。トレーニングの様子やアルコール摂取量、食事量、喫煙または麻薬の摂取について、患者は医師に対し嘘の申告を行い、たいていの場合、そのことは医師の心証を悪くする。英紙「デイリー・メール」が報じた。

スプートニク日本

英紙「デイリー・メール」によると、米ユタ大学が実施した4500人以上へのアンケート調査の結果、回答者の3分の1が、医師の話を理解できない、または、医師のアドバイスを受け入れようと思わない場合、なにも話さずにいることがわかった。

基本的に患者が嘘をつくのは、医師の意見は自分にとって大切だが、それでも分かりにくい医師の説明には耳を傾けたくなく、または説教をされるのは避けたいのが理由だった。多くの人は、彼らの健康と治療の観点から重要なある点についても、最小限しか言わずにいた。報告では、女性や若者、自己評価が低い人で、嘘をつく割合が高かった。

関連ニュース

トルコのTVコメンテーターが生放送中に心臓発作【動画】

あの安楽死は誤りだった ベルギー史上初 患者の家族の訴え受けて警察が捜査開始

タグ
研究, おもしろい, 科学, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント