20:15 2019年04月24日
米国

米国の都市貯水池で「無酸素地帯」 以前は深海でのみ発生

CC0 / Pixabay/12019
テック&サイエンス
短縮 URL
0 02

米デューク大学の生物学者は、米国の都市部貯水池で、以前は起こりうるとは想像もできなかった無酸素地帯を発見した。研究報告が米誌『リムノロジー・アンド・オーシァノグラフィー』に掲載された。

スプートニク日本

世界で、酸素がなく、よって生命体も存在しない海域は、1950年代から数10倍に増え始めた。こうした現象は、以前は大海でしか生じないと考えられていた。その最大の例は、インド洋北西水域に100万立法メートル超にわたって広がっている。

科学者たちは、デッドゾーン出現の主な原因は、地球温暖化にあると考えている。デッドゾーンでの水温上昇は、水中の酸素含有量を減少させ、ひいてはさらなる水温上昇を引き起こす。その上、排水や肥料、多量の窒素が水に溶け込むという人的要因も状況を悪化させている。

関連ニュース

米国上空に全長80キロの不思議な雲 諸説でるも不一致【動画】

NASA、火星の風の振動を録音 聞きたいですか?【動画】

タグ
研究, びっくり, おもしろい, 科学, 事故, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント