08:54 2019年07月23日
考古学者ら

2千年前に紛失の指輪、イスラエルで発見【写真】

© Fotolia / Sebastian Corneanu
テック&サイエンス
短縮 URL
0 60

エルサレムにある国立公園「ダビデの町」で行われた発掘作業の際、第二神殿時代の女性用指輪が考古学者らによって発見された。この宝石があしらわれた古代の指輪は、ダビデの町での発掘作業の際、イスラエル考古学庁に所属する考古学者らによって発見された。

スプートニク日本

専門家らは、今回の発見について、現代と同じように昔の時代においても、女性が入浴前には指輪や装飾品を外し、さらに時には置き忘れることもあったらしいということを示していると説明。

発掘隊メンバーの1人である考古学者のアリ・レヴィ氏の見解によると、今回発見された指輪の所有者だった女性は、エルサレムへ向かう巡礼の旅の途中、入浴の儀式で全身を水に浸す前にこの高価な指輪を外したのだという。その後、女性が指輪を置き忘れたまま、あるいは紛失したままで先へ向かったのは明らかだともしている。この出来事は、およそ2千年前のことだ。

関連ニュース

ポンペイ遺跡で、灰に埋もれて石化した馬の遺骸が見つかる

エジプトでの掘り出し物 4400年前の墓から彫像45体発見

タグ
文化, 歴史, 考古学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント