00:42 2019年11月19日
ガン

ガンに関する6つの神話

© Fotolia / Vitanovski
テック&サイエンス
短縮 URL
0 50
でフォローする

ロシアの腫瘍専門医アンドレイ・プィレフ博士は、なぜガンの感染の恐怖は立証されないのか、ガンに関する排除すべき神話はどのくらいあるのかについて、ロシアメディアに語った。

スプートニク日本

神話1:ガンは伝染する

ガンは感染しない。 同じ部屋での生活、服や日用製品の共有はまったく問題ない。

神話2:ガンは必ず死に至る

早期発見され、患者が正しい治療を受けたなら、完治とならなくても、長く意義ある生活を送ることだってできる。

神話3:甘い物はガンを「進行」させる

人体のすべての細胞は、エネルギー補給のためにブドウ糖を必要とする。 甘い物の摂取を制限してもいいが、ダイエットは必ず医師の指示にもとづいて行うこと。

神話4:ガンは不道徳な行為の報い

ガンはまったくさまざまな人が罹患する。神話はときどき治療の邪魔をする。患者たちは、癌の発病は「天からの罰」と考え、治療を拒否する。

神話5:ガンの治療薬は存在するが、しかしそれは隠されている

現在、ガンの特効薬はない。しかし、世界の医療界は常にこの分野の研究を行っている。

神話6:ガンは民間療法で完治する

この神話は特に危険だ。時に有効性のない「民間治療」のために専門的な治療を放棄し、死に至るケースが後を絶たない。

関連ニュース

人体に害を及ぼす恐れのある5つの人気食品【写真】

ネット友ががんで死にそうだと知り、初めて「リアルで」会った6人【写真】

タグ
健康, 研究, ガン, びっくり, 科学, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント