06:25 2019年03月26日
ロシア3D印刷

ロシア、世界最小・最高精度の人工衛星用の位置測定センサを開発

© Depositphotos / Stockasso
テック&サイエンス
短縮 URL
0 80

露国営宇宙企業「ロスコスモス」傘下の「ロシア宇宙システム」社は、宇宙機器用の世界最小・最高精度位置測定センサを開発した。今年中にもテストを予定している。テスト終了後は生産を展開し、次世代センサの開発に着手する方針だ。

スプートニク日本

宇宙位置測定センサ「AZDK-1」の地上での実験は完了した。次の段階は宇宙条件を模した飛行状態での計器の試験だ。今年末の実施を予定する。

センサ「AZDK-1」により、星間宇宙船は高い精度で位置を確認できる。類似品が数キログラムするなか、このセンサの重量はわずか193グラム。

位置測定センサはあらゆる宇宙機器に不可欠な要素だ。大型の宇宙船用のこうしたセンサーは50年以上の開発の歴史を持ち、その技術の開発水準は高い。だがナノ・ミクロ人工衛星には特別な条件が加わる。センサのサイズは数センチを超えず、重量は100〜200グラムまでで抑えなければならない。

関連ニュース

ロシアで、宇宙ゴミ対策に関する規範が発効

タグ
科学, テクノ, 宇宙, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント