05:01 2020年01月19日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

オーストラリアのフリンダース大学の技術者らは研究補助費を受け、ネオプレン製の新しいウェットスーツの開発を始めた。ウェットスーツに使用されるネオプレンは強度があり、耐熱・耐寒性素材でサメの攻撃からダイバーを守ることができる。仏「AFP」が報じた。

スプートニク日本

研究者らは、​新素材​ネオプレン​を用いたウェットスーツを開発する構え。ネオプレンは民間企業(名称は非公表)が開発を行なっていた。このウェットスーツは、サメの攻撃​による​切り傷や刺し傷​​から​ダイバーを守ることで、サメが獰猛となる原因の人間の出血を抑え​ることができる。

研究者ら​は、ネオプレン製のウェットスーツはサメの攻撃から人間を完全に守​りきる​ことはできない​ものの、ダメージを最小限に抑えることを可能にする​と語る​。このウェットスーツの強度は、高強度素材であるケプラーに近いとされる。

関連ニュース

タグ
テクノ, 研究
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント