09:07 2019年02月20日
タクシー(アーカイブ)

ロシアで、バーチャル運転手付きの無人タクシー配車アプリ登場へ

© Sputnik / Evgeny Biyatov
テック&サイエンス
短縮 URL
0 01

国家技術イニシアチブのワーキンググループ「アフトネット」は、バーチャル運転手付きの無人タクシー配車アプリを開発している。人工知能があらゆるテーマで話をし、新たにタクシーを利用した際には初めから会話をするのではなく、すぐに過去の会話に戻ることができるという。「アフトネット」のヤロスラフ・フェドセーエフ氏が、通信社スプートニクに語った。

スプートニク日本

アフトネット」によると、タクシー利用者の5人に1人は運転手と会話することを好んでいる。

フェドセーエフ氏は「利用者はSNSを介して特別なアプリにログインして自分のデータを共有できる。すると『バーチャルタクシー運転手』は趣味や訪れた場所のデータを得る。また抽象的な論議をしたり、サッカーや文学について話しをしたり、乗客が関心を持っているテーマについてだけ会話することもできる」と話し、「なおタクシーを利用するたびに会話を最初からやり直す必要はなく、最後の瞬間から会話を続けることができる」と語った。

​無人タクシーの料金は通常のタクシーよりも少なくとも25%は安くなる見込みで、バーチャル運転手のサービスは無料だという。

関連ニュース

米企業ウェイモ、米で無人タクシーサービスを正式に立ち上げ

アマゾン、6輪配達ロボットのテスト開始

タグ
, テクノ, ロボット, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント