06:12 2019年06月27日
ゴミ(アーカイブ写真)

プラスティックゴミに埋もれる無人島 4億1400万個のゴミ

© Depositphotos / WitthayaP
テック&サイエンス
短縮 URL
101

オーストラリアのタスマニア大学の研究者らは、太平洋のサンゴ礁の宝庫であるココス諸島で、4億1400万個のプラスティック製ゴミの破片4億1400万個が打ち上げられているのを発見した。ゴミの総量は238トンにおよぶ。この諸島には全部で596人が暮らしているが、彼らにはこれだけのゴミを作りだすことはできない。科学系サイト「サイエンティフィック・レポート(Scientific Reports)」が報じた。

スプートニク日本

太平洋に位置するココス諸島、別名キリングは、28の珊瑚群島からなり、オーストラリアの領土外にある。2014年のデータによれば、ココス諸島の人口は596人。その多くは中心島のウェスト島で暮らしている。

多島海は、全大陸から比較的離れたところに位置しており、実際にここを訪れる旅行者はいない。研究者らは、海流がどのように大洋のプラスティック製ゴミを運ぶのか、最終的にどこにこれらのゴミを打ち上げるのか、多島海を研究の対象にした。

タスマニア大学のジェニファー・ラバース博士は、「私たちの推計では、この諸島だけでプラスティック製ゴミの破片4億1400万個が打ち上げられており、その重量は238トンにおよぶ。これは控え目な計算だが、それは、砂浜や海岸で深さ10センチ以上に埋もれているものを私たちが調べていないから。そして、率直にもっとも汚れた海岸に行き着くことができなかったためだ」と述べた。

関連ニュース

タグ
科学, 研究, 怖い, びっくり, 環境
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント