01:13 2019年12月13日
モスクワにあるククラチョフ猫劇場のネコ

猫のような目?学者らが暗視を可能とするナノ粒子を作成

© Sputnik / Evgeny Biyatov
テック&サイエンス
短縮 URL
幸せに長生きしてください-長寿に関するスプートニクの記事 (118)
0 42
でフォローする

米国の学者らは、目に注入することで暗視が可能となる特殊なナノ粒子を作成した。タイムズ紙が報じた。

同技術はマウスでテストされたが、将来的に暗視用のナノ粒子を人間が使用できる可能性がある。

マサチューセッツ工科大学の学者らは、実験用マウスの一部の網膜の裏側に、赤外線を感知できる特殊なチップを注入し、「暗視」マウスと普通のマウスを迷路に入れた。マウスは赤外線の目印のおかげで迷路を克服した。「サイボーグ」マウスは「優秀な成績」で迷路をクリア。普通のマウスよりも先にゴールしたという。

開発されたナノ粒子は、暗視装置と同じ原理で機能する。

ナノ粒子は完全に無害で、数週間後に体から自動的に排出される。実験でマウスに副作用が出なかった場合、新技術は人間に使用される。

健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

関連ニュース

トピック
幸せに長生きしてください-長寿に関するスプートニクの記事 (118)
タグ
米国, ネコ, 健康, 科学研究, 研究, 医学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント