23:01 2019年11月17日
ティーパック

ティーパックの中に数十億のプラスチック粒子が発見される

© Fotolia / Mizina
テック&サイエンス
短縮 URL
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (175)
0 33
でフォローする

カナダの研究者らが、使い捨てティーパックがプラスチック粒子のポリマーの主要な源泉となっていることを明らかにした。排水を通じ、これらの粒子は大洋に流れ出し、汚染の原因となっている。

研究結果は雑誌『エンバイロンメンタル・サイエンス・アンド・テクノロジー』に掲載された。

研究者らは、「あなたがティーパックを利用すると、お湯の中に約116億のプラスチック粒子と、さらに30億のポリマーナノ粒子が流れ出す。これは、ペットボトルの水を含め、他の食品や飲み物で検出されるより数桁多い」と指摘した。

プラスチックの茶葉

カナダのマギル大学のローラ・エルナンデス氏と仲間たちはプラスチック製パックで梱包された何種類かのフルーツティーを購入した。研究者らは茶葉を取り出し、5分間パックをお湯に浸した。その後、研究者たちは水をろ過し、その中からナノ粒子を抽出し、プラスチックの梱包袋そのものの構造を調べた。

調査の過程で研究者らは、水の中にミクロやナノといったさまざまなサイズのプラスチック粒子が浮遊しているのを発見した。彼らは、お茶を入れる過程ですでにプラスチックが流れ出したことを明らかにした。

研究者らによれば、「お茶」のマイクロプラスチックが長期的に人間の健康に影響を及ぼすのか正確には理解できていない。近い将来、彼らはこの問題の回答を得る予定であり、同様に、お湯の中にティーパックを入れる過程でナノ粒子が流れ出すメカニズムそのものを明らかにするつもりだ。

トピック
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (175)
タグ
自然, 環境
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント